冷えとり靴下

  • 冷えとりとは

上半身と下半身の温度差=「冷え」を改善することで、健康促進をはかる「冷えとり健康法」です。半身浴や靴下の重ね履きで頭寒足熱を心がけ、からだの自然治癒力を高めることを目的とします。 腹八分目の食事や、心穏やかに過ごすことも大切です。

 

  • 冷えとりの基本

上半身は涼しく、下半身を温めて「頭寒足熱」の状態にするのが、冷えとりの基本です。 次の4つのポイントをおさえて冷えとりライフを充実させましょう。

1 半身浴

ぬるめのお湯にみぞおちから下をつけ、腕は出したまま、20分以上ゆっくりお湯につかります。半身浴がむずかしい方は、足湯がおすすめです。足湯でも半身浴と同じくらいの効果があります。

2 靴下の重ね履き

常に半身浴に近い状態を保つために、靴下を重ね履きします。絹と天然素材の靴下を交互に、基本は4枚履き。
まだ冷えると感じたら、温かく感じるまで靴下の枚数を増やします。

3 正しい食生活

腹八分目を心がけます。
冷えると食べ過ぎ、食べ過ぎると冷えます。
早食いをせず、よく噛んで、感謝して食べます。

4 心穏やかに過ごす

ストレスは不健康なことであり、冷えの原因でもあります。
謙虚な気持ちで、他人本位でいることを心がけます。